NASAゲームとは?ストーリー・公式解答・進め方やポイントを紹介

2024.04.01
  • 組織・人材開発
    • 合意形成・コンセンサス

チーム内で複数の意見が出たときに、相手の意見を否定したり、対立したりすることなく意見をまとめるのは難しいものです。

そこで、建設的な話し合いを行い、納得する結論に導くための「合意形成」を学べるコンセンサスゲームの1つである「NASAゲーム」を取り上げます。宇宙空間におけるサバイバルを舞台に、チームにおける意見のすり合わせ方、立ち振る舞いを身につけることができます。

本記事では、コンセンサスゲーム「NASAゲーム」の概要、ストーリー・公式解答、ルール、NASAゲームの目的と進め方・ポイントを解説します

 

年間1,000件以上の実績。アクティビティで主体性を高める革新的な研修プログラム

⇒あそぶ社員研修 総合資料を受け取る

 

NASAゲームとは

NASAゲームとは、与えられた課題に対してチームで話し合い、全員が納得した結論を導き出す、合意形成を学ぶことのできるコンセンサスゲームの1つですNASAとはアメリカの航空宇宙局の「National Aeronautics and Space Administration」の略称です。NASAゲームでは、宇宙空間におけるサバイバルを舞台に、生き残るために必要な15のアイテムの優先順位を付けていきます

なお、合意形成とは、「関係者同士の意見が食い違う場合、議論を通して意見の一致を図る過程」を意味し、「コンセンサスを取る」ともいいます。合意形成については以下の記事で詳しく紹介しています。

合意形成とは?メリット、進め方・ポイント、合意形成研修を紹介

以下で、NASAが公表している「月でのサバイバル(原文:Survival on the Moon)」のストーリーを紹介します

NASAゲームのストーリー

【ストーリー】

時は2025年、あなたはオリオン宇宙船で月を目指すチームの一員です。

オリオン宇宙船が月周回軌道に入ると、月面の前哨基地を発見することができ、あなたたちは興奮しました。

前哨基地には太陽光が降り注ぎ、水氷の供給源からも遠くありません。

あなたたちは月面に降りる準備をしますが、月面の着陸に使用するLSAMのスラスターに問題が発生してしまい、月の前哨基地から約80キロ(50マイル)離れた場所に着陸してしまいます。

そこは地球とは異なる環境でした。大気圏や磁気圏がないこと、月の土は鋭利なガラス質の粒子を含むレゴリスであること、一日の間で気温は大きく変化し、赤道では日中は111℃までのぼり、極点では夜間で-193℃にまで落ち込むこと。

あなたたちが生き残るためには前哨基地までの約80キロ(50マイル)という、遥か彼方にたどり着けるかどうかにかかっています。そのためには、移動手段と航行能力が重要であり、食料、水、酸素といった必需品も考慮しなければなりません。

オリオン宇宙船のなかには15のアイテムがあります。これらのアイテムを、あなたとチームにとっての重要度に応じて、1から15まで優先順位を付けます。優先順位を付け終わったら、各項目をその優先順位にした理由と、どのように使用するかを決めておきます。

各自が優先順位を付け終わったら、チームと協力して合意形成を得ましょう。あなたたちが生き残れるかどうかは、チームで協力してアイテムの価値と使い道を決めることにかかっているのです。

参考:Exploration: Then and Now – Survival! Lesson – NASA

15のアイテム】

  • 救命いかだ
  • 5キログラム(100ポンド)の酸素ボンベ2
  • スペースブランケット
  • ソーラー充電式ライト
  • 携帯用ミラー
  • 水(38リットル)
  • 救急箱(鎮痛剤、感染症治療薬が入った基本的なもの)
  • 宇宙食
  • 方位磁石
  • ソーラー発電式無線送受信機
  • 月面地図
  • ナイロン製のロープ(15m
  • パラシュート(絹)
  • 宇宙服補修キット
  • マッチ箱

コンセンサスゲームとは

NASAゲームのような、与えられた課題について個人で考えた後にグループで話し合い、全員が納得するような結論まで導く合意形成を経験するゲームは、「コンセンサスゲーム」と呼ばれますコンセンサスとは、日本語で合意を取った状態のことを指し、「合意形成」とは合意を取る過程のことを指します。

コンセンサスゲームでは、結論を出す際に誰か一人の意見を優先したり、多数決で決めてしまったりすることはできません。全員が納得するような合意を取らなくてはならないため、話し合うことが重要になります

コンセンサスゲームを実施することで、参加者は個人の意見よりも集団の決定の方が優れていることや、互いの価値観に違いがあることに気づくことができます。また、意見をすり合わせることの難しさ、相手の意見を否定しない建設的なコミュニケーション、立ち振る舞いを学ぶことができ、企業の採用や研修にも活用されています。

コンセンサスゲームについては、以下の記事で詳しく紹介しています。

コンセンサスゲームとは?効果や進め方、具体例を紹介

NASAゲームの目的

NASAゲームも、他のコンセンサスゲームと同様に、合意形成を学ぶことが目的です15のアイテムの優先順位についてはNASAの公式解答があるものの、模範解答ではありません。そのため、チーム内の納得度が低いまま公式の解答例に近いものを結論とするよりは、公式の解答例と異なっていてもチーム内で納得して出せた結論の方がよいといえます。

NASAゲームを通じて、他者が納得できるように自分の意見を考え、伝えることで論理的思考力やコミュニケーションスキルが培われます。また、対立する意見であっても相手の考えを受け入れることや、批判的な意見を述べる際に強い言い方にならないようにするなど、チーム内での立ち振る舞いを学ぶことができます

相手の考えを受容し、自身の意見をうまく伝えることで相互理解が深まり、チームビルディングにもつながります

NASAゲームの進め方

ここではNASAゲームの具体的な進め方を説明します。

1.チーム分け

最初に3人から6人程度にチームに分けましょう。先に紹介したストーリーでは4人としていますが、必ずしも合わせる必要はありません。参加者の人数に応じて調整しましょう。

2.ルール説明

ファシリテーターによるルール説明をおこないます。コンセンサスゲームをおこなう意図、NASAゲームの説明、進行の注意点などを解説しましょう。特に最初は個人ワークをおこなうため、一人ひとりへ理解を行き届かせることが必要です

また、ストーリーの舞台となる月の環境や、宇宙船の一員として置かれた状況についても解説を入れましょう。機械的に取り組まず、参加者が自分なりの考えをもてるようにストーリーを読み上げるなど、導入から没入できる環境をつくることをおすすめします

3.個人ワーク

参加者一人ひとりの個人ワークをおこないます。ストーリーに沿い、15のアイテムに自分が思う優先順位とその理由を紙に書いてもらいましょう。理由については、「直感」や「なんとなく」といった理由は避け、他の参加者に納得してもらえるような論理的な理由を書くようにしてもらいます

4.グループワーク

最初に決めたチームで、それぞれが個人ワークで考えた「15のアイテムの優先順位」と「その順位にした理由」を発表し、意見を交換していきます

全員の優先順位が完全に一致するケースは基本的にはなく、話し合いが必要になるでしょう。相手の意見を尊重しながら、自身の意見を公平に見て、よりよい落としどころをチームで探っていき、チームとしての15のアイテムの優先順位とその理由をまとめていきます

5.チームの結論を発表

チームで代表者を1人決め、チームで出した結論を他のチームの前で発表します他のチームがどのような考え方で答えを出したかを互いに確認してもらうようにします

6.解答発表と振り返り

最後に公式解答を発表して、各チームの答えと照らし合わせます。ただし、先にも述べたように公式解答に近いことがよいのではなく、「チーム全員で納得して出せた結論かどうかが重要」という点を改めて伝えるようにしましょう

最後にチーム内で課題や感想を言い合うなどの振り返りしてもらい、NASAゲームを終了します。

NASAゲームの公式解答

NASAゲームの15のアイテムの優先順位にはNASA公式が公表している解答があります。しかし、あくまで専門家2人の意見であり、模範解答ではない点に注意し、参考程度とするのがよいでしょう

1人目の専門家の解答例

  • 5キログラム(100ポンド)の酸素ボンベ2……月には大気がなく、呼吸するための酸素が必要になる。
  • 水(38リットル)……月面に水氷はあるが、液体の水はなく、すべての生命にとって水は必要なため。
  • 宇宙食……優れた栄養源であり、持ち運びやすい。
  • ソーラー発電式無線送受信機……月の前哨基地から、連絡を受け取れるかもしれない。
  • 救急箱(鎮痛剤、感染症治療薬が入った基本的なもの)……場所を問わず使用でき、痛みや感染症を防ぐのに有効。
  • 月面地図……自分たちの位置を確認でき、移動に役立つ。
  • 宇宙服補修キット……過酷な月面環境から身を守る宇宙服に穴が空いてしまっては一大事。月の土(レゴリス)は鋭利なガラス質の粒子が穴を開けてしまうことがあるため、補修キットは必要になる。
  • ナイロン製のロープ(15m……崖やクレーターを乗り越えたり、怪我した人を補助したりするのに使用できる。
  • スペースブランケット……身体から熱が出ていくのを防ぎ、太陽光も防げる。
  • 携帯用ミラー……日中の月面の光を携帯用ミラーで反射させることで、チーム間のコミュニケーションに利用できる。
  • ソーラー充電式ライト……ライトがあれば夜間での移動も可能になる。
  • 救命いかだ……重いものを運べるが、月の土(レゴリス)が穴を開けてしまうのであまり役に立たない。
  • パラシュート(絹)……他のアイテムに比べて用途がない。
  • 方位磁石……月には地磁気がないため、ほとんど役に立たない。
  • マッチ箱……月には酸素が少ないため、ほとんど役に立たない。

2人目の専門家の解答例

  • 5キログラム(100ポンド)の酸素ボンベ2……大気のない月において酸素は最も必要。
  • 水(38リットル)……月面に液体の水はないため必需品といえる。
  • 宇宙食……食べるには水が必要だが軽量で持ち運びしやすく、必需品といえる。
  • ソーラー発電式無線送受信機……月の前哨基地の人に連絡しようと努めるべき。
  • 救急箱(鎮痛剤、感染症治療薬が入った基本的なもの)……持ち運びしやすく、怪我や病気に備えられる。
  • 月面地図……他に方角を知るアイテムがないため、移動する際の重要なアイテムになる。
  • 宇宙服補修キット……宇宙服は月の過酷な環境から守ってくれるが、月の鋭い土(レゴリス)が宇宙服に小さい穴を開けるかもしれないため必要。
  • 救命いかだ……酸素と水を運ぶ素晴らしいソリになる。
  • スペースブランケット……日中の高温から水と酸素を断熱し、守ってくれる。
  • ナイロン製のロープ(15m……救命いかだを運ぶのを楽にするほか、険しい地形を横断するのにも役立つかもしれない。
  • ソーラー充電式ライト……月の日陰地帯は常に暗く、移動する際に役立つ。
  • 携帯用ミラー……無線が機能しない状況ではコミュニケーションの手段に使える。
  • パラシュート(絹)……救命いかだの予備としての使用でき、日陰を作るのにも役立つ。
  • マッチ箱……月には酸素が少ないため、役に立たない。
  • 方位磁石……月には磁場がないため、役に立たない。

NASAゲームを進める際のポイント

NASAゲームを進めるうえで注意したいポイントを解説します。

ストーリーを意識してもらい、個人ワークを疎かにしない

NASAゲームのストーリーを意識し、個人ワークにしっかりと取り組んでもらうことが重要です

「合意形成の重要性や方法を学ぶ」という目的から、グループワークにおける合意形成がもっとも重要であるようにみえますが、話し合いの土台となるのは個人ワークの「自分ならどう考えるか」という部分になります

個人ワークを「架空の話だから」「現実には起こらないから」といった気持ちで臨んでしまうと根拠の薄い考えになりがちで、話し合いになっても「意見を言えない」「人に意見をすぐに譲ってしまう」といった状態に陥りやすくなります。そのような状態でチームの結論を出したとしても合意形成ができたとは言い難いでしょう。

そのため、ストーリーの舞台を具体的にイメージし、個人ワークで自分の考えを論理的に出力することが非常に重要である点も、ルール説明の際に強調しておくとよいでしょう

否定的な態度を取らない

自分と対立する意見が出た際に否定的な態度を取ることがないように、最初に伝えておくとよいでしょう。あるいはルールとして「否定的な態度は禁止する」を設けてもよいかもしれません。

とくに「自分の意見と反対で嫌だった」といった感情的な否定は、対立意見が出たことに対する反応であり、根本的な意見に対する反応ではないため、それ以上話し合いが進まなくなってしまう恐れがあります。

対立する意見は「自分への攻撃」ではなく、「意見交換が活発な場」であることを理解してもらい、まずは相手の意見を受け入れ、理解することを念頭に置いてもらいましょう

話し合いを追求してもらう

どこを話し合いの着地(合意形成できた状態)とするかは難しいものですが、ひとつの指標として、「まだ言っていない意見が残っている」もしくは「疑問点がある」といった状態で話し合いを終了しない、ことが1つの目安となります

意見をまとめようとして、誰か一人の意見を優先したり、直感でなんとなく決めたりしないことはもちろん、「そろそろまとまりそうだから」という理由で自分の意見や疑問を隠すようなことをしてはいけません。一見すべてが解決したように見えていても「他に意見はありませんか」と残っている意見がないかを最後までチーム内で追及してもらうとよいでしょう

ただし、最後まで意見を出してもらうには、そこまでの話し合いの過程で「良い雰囲気で話し合いができていたか」に左右されます。そもそも真剣味に欠け、論理的な意見があまり出てこない場であったり、意見を出しても尊重されず、否定的であったりするような話し合いになっていれば意見を出すことに意味を見出せず、諦めてしまうことが考えられます。

だからこそ、先に挙げた2つの「個人ワークで自身の意見を論理的に出力する」「否定的な態度を取らない」を重視しつつ、話し合いを追求していく姿勢が重要です

合意形成研修

ここではNASAゲーム以外に、コンセンサスゲームが実施できるサービスを紹介します。

合意形成研修コンセンサスゲーム

合意形成研修コンセンサスゲームは、株式会社IKUSAが提供するオリジナルのコンセンサスゲームです

コミュニケーション能力や協調性、論理的思考力を確認する研修から、アイスブレイクやチームビルディング、チームメンバーの個性や価値観を知るためのワークショップなど、幅広い目的に対応しています。

専門のMCが進行を担うため、学ぶだけでなく、楽しむことにもフォーカスされており、エンターテインメント溢れる体験が可能です。

独自のキットを用いたスムーズな進行に、各チームをフォローするファシリテーターによる手厚いサポートも完備されています。

ストーリーも下記の3つが用意されています。

  • ジャングルサバイバル

ジャングルで遭難してしまい、近くの村にたどり着くために、船の積み荷からなにを持っていくかを話し合います。著名な探検家監修による屋外で遭難した際の知識を学ぶこともできます。

  • 帰宅困難サバイバル

災害都市から帰宅するために、必要な物資に優先順位をつけて話し合います。現実に起こり得る災害を舞台に防災知識を身につけることもできます。

  • ゾンビパンデミック

ショッピングセンターがゾンビに襲撃され、みんなで店内のアイテムを駆使してゾンビを撃退します。架空の状況だからこそ知識や経験の差が出ず、参加者で気軽に話し合うことができます。

オンライン版も用意されているため、自社の状況に合わせて利用することが可能です。

コンセンサスゲームの実施に関しては、以下よりお気軽にご相談ください。

 ⇒コンセンサスゲームの実施に関して相談する

 

年間1,000件以上の実績。アクティビティで主体性を高める革新的な研修プログラム

⇒あそぶ社員研修 総合資料を受け取る

 

【講義+アクティビティ一体型】あそぶ社員研修

あそぶ社員研修は、アクティビティと講義を一体化することで没入感を高め、受講者の主体性を引き出す研修プログラムです

研修の特徴

  • チームビルディング効果が高いアクティビティを通して受講者のエンゲージメントを向上させられる
  • 誰もが没入できる「あそび」を取り入れた体験型アクティビティで受講者の主体性を引き出す
  • 複数回のフィードバックによって学びを定着させる

無料であそぶ社員研修の資料を受け取る

まとめ

ここまでNASAゲームについて解説してきました。NASAゲームのような宇宙空間のサバイバルを体験する人はほとんどいないでしょう。しかし、予想していないトラブルというのは実際の業務の現場でも訪れます。

急に発生した問題に対して個人がどれだけ考えることができ、複数人で意見を出し合ってよりよいアイディアに昇華させられるかどうかは、変化の激しい現代において重要な能力のひとつとなるでしょう。自分と相手の意見が異なることが当たり前であると理解していれば、戸惑うことなく相手を尊重し、建設的な話し合いをすることができます。

NASAゲームを通じて、合意形成を学んでいきましょう。

 

アイスブレイクとアクティビティでコミュニケーションを促進させる「あそぶ社員研修」は、受講者全員の主体性を高め、置いていかれる社員を作らない研修プログラムです。講義による学びの定着を促し、翌日からの業務に役立てることができます。

⇒あそぶ社員研修 総合資料を受け取る

この記事の著者

湯川 貴史

1989年生まれ。趣味でゲームを作ったり、文章を綴ったりの日々。前職はゲーム開発関連に携わる。現在は素敵な妻と、可愛い二人の子どもと共にフリーランス生活を謳歌。

よく読まれている記事