サーバントリーダーシップとは?特徴や10の特性について解説

2023.09.29
  • ビジネススキル
    • リーダーシップ

リーダーシップには、さまざまな種類が存在しており、その特徴や特性も多岐に渡ります。また、時代の変化に合わせて必要とされるリーダーシップの形も変化しているため、自身に求められているリーダー像を理解しておくことが非常に大切です。

リーダー職についている方のなかには、部下への指導やコミュニケーションが上手くいかず、悩んでいる方もいるのではないでしょうか。社会の変化とともに、従来の部下を動かすだけのリーダーシップでは成果が出しにくくなっています。

そこで近年、注目を浴びている新しいリーダーシップの一つが、部下への奉仕や導きを優先する「サーバントリーダーシップ」です。

本記事では、サーバントリーダーシップの特徴や10の特性、メリット・デメリットについて解説します

 

年間1,000件以上の実績。アクティビティで主体性を高める革新的な研修プログラム

⇒あそぶ社員研修 総合資料を受け取る

 

サーバントリーダーシップとは?

サーバントリーダーシップは、1970年にロバート・グリーンリーフによって提唱されたものです。servant(サーバント)とは、英語で「使用人」や「召使い」を意味する言葉であり、サーバントリーダーシップでは、リーダーシップの本質は「奉仕」であると考えられています

グリーンリーフは、サーバントリーダーについて次のように語っています。

「サーバント・リーダーはまずサーバントである。それは生まれながらに持つ奉仕したい感情であり、奉仕が第一である。そして意識的に選択してリードしたいと思うようになるのだ。」

引用:提唱者について | NPO法人 日本サーバント・リーダーシップ協会 (servantleader.jp)

グリーンリーフの考え方からも分かるように、サーバントリーダーシップでは、リーダーはフォロワー(※)に対して、指示や命令を行いません。奉仕のマインドを持ってフォロワーと接することで、相手の能力を肯定し、お互いに信頼関係を築きます。

サーバントリーダーは、フォロワーに対して、厳しい態度を取らないようなリーダーかのようにも思えます。しかし、サーバントリーダーは、部下への注意やミスの指摘などを行わないわけではありません。奉仕の精神とは、フォロワーの成長を支援することが目的です。指摘や注意を明確に行うことも、フォロワーの成長を促すための奉仕であるといえるでしょう。

※フォロワー……チームにおいて、リーダーを支え補佐する役割を持つ人

サーバントリーダーシップと支配型リーダーシップの違い

従来のトップダウン方式の組織では、リーダーが全ての決定権を持ち、フォロワーを管理する支配型リーダーシップが主流でした。一方で、フォロワーの支援を目的としたサーバントリーダーシップは、ボトムアップ型の組織での運用に適したリーダーシップであり、支配型リーダーシップとは異なるタイプのリーダーシップです。

サーバントリーダーシップと支配型リーダーシップでは、リーダーとフォロワーの行動や思考に次のような違いがあります

サーバントリーダーシップ

支配型リーダーシップ

リーダーの役割

フォロワーを支援する

フォロワーを管理する

リーダーの目的

全員の成果とキャリアアップ

自身の成果とキャリアアップ

コミュニケーション方法

フォロワーの意見を傾聴する

フォロワーに指示や命令を行う

ミスへの対応

互いに失敗からの学びを得る

罰を与える

影響力の根拠

信頼関係

立場や権力

育成方法

自主性を育てる

マニュアルに従わせる

フォロワーの行動意識

  • やりたい気持ちで業務を行う
  • 自分で考え行動する
  • 工夫や改善に取り組む
  • 自身の業務に集中する
  • 業務の目的や目標を理解する
  • 互いに協力している意識を持つ
  • リーダーへの信頼
  • 全員で協力する意識を持つ
  • 恐怖や義務感での業務遂行
  • 指示を受け行動する
  • マニュアル通りに作業する
  • リーダーの機嫌を伺う
  • 業務内容のみを意識する
  • リーダーに従う意思を持つ
  • リーダーへの不信感
  • 自己中的な意識を持つ

 

この比較からも分かるように、サーバントリーダーシップが発揮されている組織では、「自主性や積極性の向上」「チームの連携強化」「高いモチベーションの維持」「仕事の効率化」など、ポジティブな影響が生まれます

また、ビジネスにおいてフォロワーは、顧客と最も近い関係にあることが少なくありません。フォロワーの意見を取り込み、組織運営を行うサーバントリーダーシップでは、顧客ニーズへの対応力が高い組織になる可能性があります。

参考:01_リーダーシップを発揮しよう テキスト – 厚生労働省(PDF)

リーダーシップの理論・種類については、以下の記事で詳しく紹介しています。

リーダーシップの種類と特徴をわかりやすく解説

サーバントリーダーの特徴

サーバントリーダーは、業務を行ううえで、従来のリーダー像とは異なる特徴を持っています。ここでは、サーバントリーダーシップを発揮できるリーダーの特徴について見ていきましょう。

自身を支援者と認識する

サーバントリーダーシップにおいて、リーダーはあくまでもフォロワーを支えるための支援者です。組織の中心となって、チームメンバーを先導するのではなく、奉仕の精神を持ってフォロワーをサポートし、陰からリードすることで、組織全体にポジティブな影響を与えます。つまりサーバントリーダーは、組織の主役ではなく、縁の下の力持ちのような存在といえるでしょう。

常に学習する姿勢を心がける

サーバントリーダーは、フォロワーのミスを学習する機会と捉え、次の業務に活かすように心がけます。従来のリーダーでは、ミスが発生した際に、自身の経験測やスキルによって問題を解決していました。しかし、サーバントリーダーは、フォロワーの意見や考え方などを聞き入れるため、新たな解決の手法を見つけ出すことができます。つまり、サーバントリーダーシップでは、フォロワーのミスはリーダーが新たに学ぶチャンスなのです。このような意識を持ちながら、常に学習する姿勢をリーダーが保つことで、フォロワーの成長を促すことができます。

フォロワーの成功を目標とする

サーバントリーダーは、自らが高いスキルを持って業務を遂行し、成果をあげる従来のリーダーシップのスタイルではありません。フォロワーの業務遂行をサポートし、フォロワー一人ひとりの目標達成やチーム全体での目標達成が、サーバントリーダーシップにおけるリーダーの目標です

フォロワーの能力が最大限に発揮できる環境を整える

フォロワーの特性や能力に合わせた人材配置を行うことは、フォロワーの能力を最大限に発揮することに繋がります。そのため、リーダーはフォロワーの特性や能力について把握しておく必要があるでしょう。サーバントリーダーシップを発揮するには、普段からしっかりとコミュニケーションをとり、フォロワーについて深く知るための努力が必要です

人材こそが最も価値のある資源と認識する

サーバントリーダーは、組織において最も価値のある資源が「人材」であることを忘れてはなりません。従来の組織では、フォロワーは管理すべき対象であり、利益を確保するための資源の一つであるといった考え方でした。しかし、サーバントリーダーシップでは、フォロワーの働きやすい環境づくりに取り組むことが優先されます

グリーンリーフの言葉である「人は仕事のために存在すると同様に仕事は人のために存在する」という意識を持ち、人材を大切にする組織風土を形成することも、サーバントリーダーにとって重要な役割です。

参考:サーバント・リーダーシップの諸理論と事例研究(PDF)

サーバントリーダーシップが持つべき10の特性

サーバントリーダーとして、リーダーシップを発揮するには、いくつかの特性を身に付ける必要があります。ここでは、サーバントリーダーシップの研究者であるラリースピアーズが示した、サーバントリーダーが持つべき10の特性を紹介します。

1.傾聴(Listening)

サーバントリーダーは、フォロワーの意見をしっかりと聞き入れる姿勢を持たなければなりません。自身の意見をフォロワーに押し付けるのではなく、フォロワーの意見を取り入れることが大切です。まずは、自身がどのようにフォロワーをサポートでき、役立てるのかを考えましょう。また、仕草や態度などから、相手の気持ちを理解し寄り添う姿勢も、傾聴に含まれるサーバントリーダーの特性です。

2.共感(Empathy)

共感とは、相手の立場に立ち、物事を考えることです。共感力を持つサーバントリーダーは、常にフォロワーの立場から物事を捉えることができ、相手が何を必要としているのかを理解できます。自身の考えを理解してくれるリーダーがいる状況では、フォロワーは安心感を持って業務を遂行できるため、より大きな成果を生み出すことができるでしょう。

3.癒し(Healing)

チーム単位での業務は、上司からの厳しい指摘やチーム内での意見の相違などによって、メンバーの心を傷つけてしまう可能性があります。そのため、サーバントリーダーは、フォロワーの精神面に気を配り、癒しのスキルを身に付けることが大切です。心の傷をケアすることで、フォロワーは本来の力を取り戻し、業務に専念することができます。

4.気づき (Awareness)

周囲に気を配り、チーム内の状況や変化への「気づき」を得ることは、リーダーにとって大切な能力です。また、サーバントリーダーは、多角的な視点や公平な思考などに基づいた「気づき」を、フォロワーに与えるべき立場にあります。自身とフォロワーの両方を正しく知り、倫理観や価値観の向上に努めましょう。特に、サーバントリーダーにとって、「自分への気づき(self-awareness)」は、リーダーシップを発揮するためには欠かせません

5.説得(Persuasion)

サーバントリーダーは、フォロワーとのコンセンサス(合意)を意識しなければなりません。リーダー権限による指示や命令ではなく相手の意見を尊重するサーバントリーダーは、互いの意見が一致する、最適な答えを導きだす必要があります。服従や強制ではなく、互いが納得できる答えに基づいた説得を行いましょう。

6.概念化 (Conceptualization)

サーバントリーダーには、チーム全体での「大きな夢」や「目標」を明確に示す力と、正確に伝える力が必要です。共通の夢や目標を持つチームは、一体感を持って、業務に取り組むことができるため、大きな成果をあげやすい傾向にあります。次のようなグリーンリーフの言葉にもあるように、サーバントリーダーシップには「夢」の存在が非常に重要です。

  • 夢を持たなければ何も起こらない。何か偉大なことがおきるには、そこに夢がなければならない。 偉大なことの背景には偉大な夢をもった夢見る人がいる。

参照:提唱者について | NPO法人 日本サーバント・リーダーシップ協会 (servantleader.jp)

7.先見力、予見力(Foresight)

「先見力・予見力」とは、過去の事例や現状などに基づいて、未来の出来事を予測する能力です。リーダーがチームに起こる将来的なリスクを把握しておくことで、被害を最小限に抑えることができます。さまざまなリスクからフォロワーを守るためにも、サーバントリーダーには先見力や予見力が必要です

8.執事役 (Stewardship)

執事役とは、「大切なものを任せても信頼できると思われるような人」を指す言葉です。サーバントリーダーは、自身が利益を得ることよりも、フォロワーに利益を与えることに喜びを覚えます。そのため、信頼関係を獲得し、フォロワーにとっての執事役になることが、サーバントリーダーの目的ともいえるでしょう

9.人々の成長に関わる (Commitment to the Growth of people)

サーバントリーダーは、フォロワーが成長するために、自身がサポートできることを常に考え、行動していく必要があります。フォロワー一人ひとりの資質や特性を把握し、それを活かす教育に取り組むことが、サーバントリーダーの役割です。フォロワーとのコミュニケーションによって、個性や能力を見極め、一人ひとりの成長を促すことにコミットします。

10.コミュニティづくり (Building community)

同じチームのメンバーが信頼関係を築き、互いに成長できるコミュニティ環境を形成することも、サーバントリーダーの役割です。リーダーのみが配慮をしている組織では、メンバーの連携力は高まりません。次世代のサーバントリーダーを育成するためにも、メンバー間で配慮し協力できる環境のコミュニティ形成は不可欠です。

参照:スピアーズによるサーバント・リーダーの属性 | NPO法人 日本サーバント・リーダーシップ協会 (servantleader.jp)

サーバントリーダーシップのメリットとデメリット

部下への奉仕を優先するサーバントリーダーシップには、その性質上メリットとデメリットが存在しています。サーバントリーダーシップを活用するためにも、メリットとデメリットをしっかり理解しておきましょう。

サーバントリーダーシップのメリット

サーバントリーダーがリーダーシップを発揮することで、組織は以下のようなメリットを得られます。

フォロワーの自主性が育まれる

サーバントリーダーの基では、フォロワーの意見や考えが組織運営に反映されます。そのため、フォロワーは指示を受けて行動するのではなく、自身の意思によって業務を遂行するようになります。積極性の高いフォロワーで構成された組織は、より大きな成果を生み出すでしょう。

フォロワーのモチベーション向上

一人ひとりの個性や能力を理解し、適材適所の配置を行うサーバントリーダーシップでは、フォロワーが高い労働意欲を持って、業務を遂行できます。また、サーバントリーダーシップが発揮されている組織では、ミスに対して処罰などのマイナス行動が取られないため、高いモチベーションを持って、新たな業務にチャレンジすることができます。

サーバントリーダーシップのデメリット

一見、メリットのみが存在するように思われるサーバントリーダーシップですが、サーバントリーダーシップが向いていない組織では、マイナスの効果が生まれてしまう可能性もあります。

フォロワーの経験値が少ない組織では機能しづらい

フォロワーの自主性が重要なサーバントリーダーシップでは、フォロワー自体にある程度の経験が求められます。経験が少ないチームに対して、サーバントリーダーシップでの働きかけを行えば、フォロワーが自身の役割を理解できず、業務の遂行が困難になってしまいます。

意思決定に時間がかかる

サーバントリーダーシップでは、一人ひとりの意見を組織運営に取り入れるため、新たな方針などを決める際に、膨大な時間がかかってしまいます。素早い意思決定が必要なプロジェクトチームなどでは、サーバントリーダーシップが欠点となることがあるでしょう。

まとめ

時代が変化するにつれて、従来の支配型リーダーシップではない、サーバントリーダーシップが求められつつあります。現代では、一人ひとりの個性や能力を活かす組織づくりが注目されており、サーバントリーダーは、その特徴や特性上、フォロワーからの意見を取り入れるボトムアップ型の組織に向いています。

しかし、サーバントリーダーには、メリットだけでなくデメリットも存在しているため、しっかりと理解しておくことが大切です。所属している組織の形を理解し、自身の求められているリーダー像を知っておくことで、リーダーシップを発揮できる貴重な人材になるでしょう。

 

アイスブレイクとアクティビティでコミュニケーションを促進させる「あそぶ社員研修」は、受講者全員の主体性を高め、置いていかれる社員を作らない研修プログラムです。講義による学びの定着を促し、翌日からの業務に役立てることができます。

⇒あそぶ社員研修 総合資料を受け取る

この記事の著者

あそぶ社員研修編集部

あそぶ社員研修は、企業の研修担当者向けのお役立ち情報を発信するメディアです。研修に関するノウハウ、組織・人材開発の手法、ビジネススキルなどをわかりやすく紹介します。

あそぶ社員研修編集部

よく読まれている記事